高音質BGM"魅惑の宵"をお楽しみ下さい。

休憩室

お疲れ様!ちょっと一息入れてください。

エッセイ 愛犬と旅  母の日に想う  東日本大震災のつぶやき


名古屋弁の話

 当サイトの管理者は名古屋人です。方言も色々ありますが、東北弁、博多弁はいわば方言の大関格、大阪弁は横綱格。 名古屋弁はと言えば今ひとつ認められていない感があります。そこで、歴史上の三英傑の出身地域でもある名古屋弁のお話は如何でしょうか。 最近は「河村たかし」名古屋市長の公私共の名古屋弁は有名となりました。

ご存知ですか? 名古屋言葉
 
名古屋弁 意味(標準語) 名古屋弁 意味(標準語)
あ だ に 割に だちかん 駄目だ
あのなも あのねえ だましかっとる 黙っている
あらすか あるものか たゃあだゃあ わざわざ
いざらかす 移動させる た あ  け 馬鹿、阿呆
いらゃあせ いらっしゃい ちょおすいとる 威張っている
おおじょこく 弱る、困る ちょおらかす だます
おきゃあせ 止めなさい とろくさゃあ ばかばかしい、幼稚
おがらせる いじめる ひぃずがなゃあ 元気がない
おそがゃあ 恐ろしい ほれみやあ それみなさい
かんこおする 考える まあはゃあ もう(じき)
きがずつなゃあ 恐縮する ま わ し 支度、準備
ごがわく 腹が立つ も た ん たまらん
こそべたゃあ くすぐったい やっとかめ 久しぶり
〜さゃあが 〜すると やろまゃあ やりましょう
だだくさ 粗末 わ や むちゃ、台なし
◆名古屋弁のルーツ

〜ワッシャナモ、ネエコ(猫)ダギャアモ。ナマャア(名前)ワ マンダ ナャアワャアモ。〜

これは、ご存じ夏目漱石原作「吾輩は猫である」の出だしの部分、「吾輩は猫である。名前はまだ無い 」を名古屋弁にしたもの。訳したのは、愛知淑徳短期大学講師の鈴置さん。

 名古屋弁は、城下町の成り立ちから尾張・美濃の言葉が母体となっており、京ことばや三河ことばの影響を受けな がら発展した、といえるでしょう。もし、家康が尾張・美濃でなく三河の人を移住させていたとしたら、名古屋弁はかな り違ったものになったでしょうね。

◆上町言葉と、下町言葉
 上町言葉は、ゆったりとした、風格のある美しい言葉です。その代表的なものに「あそばせことば」があります。例 えば「オイデアソバセ」がそうです。当時の豪商達は京都との交流が盛んだったため、その影響を受けたものです。 その上品さは、京言葉と並んで「極めて美しい方言」と言われましたが、ゆったりとした物言いは時代から取り残され て昭和初期には衰退し、現在は庶民の言葉として育った下町ことばが主です。品は良くありませんが、名古屋弁の特徴を最も表していると言えます。

◆名古屋弁の魅力
上品な上町ことばが消え、下町ことばが残ったために名古屋弁は汚いと言われます。「ソウダナモ」が消えてしまい、「ソウダガヤ」が残ってしまったのです。方言は感情から出てきた言葉です。だから表現が豊かです。名古屋弁
は名古屋人の財産であり、文化なのですから大切にしたいですね。名古屋人でない方もこのへんを理解して聞いて頂けると有り難いですね。

ここまで主要な資料は、「広報名古屋 平成4年6月号」から引用。

◆名古屋弁と京都府京丹後市の方言が酷似

 ところが、最近京都府 京丹後市の北部で話される「丹後弁」と「名古屋弁」が似ている、とする新聞記事があり、小生もいささか吃驚しました!!。その似ている言葉を以下に追加補稿しました。その新聞記事(H26/8/8付)と、その後京丹後市教育委員会主導の語学専門家による調査が行われ、結果が(中日新聞愛知県内版H27/5/28付)発表されました。その概要はこちらです。

名古屋弁と似ている丹後弁

名古屋弁・京丹後弁 意 味(標準語) 名古屋弁・京丹後弁 意 味(標準語)
あんばよう
上手に
うみぁー
うまい、おいしい
ええがや いいです えらい、えりゃー 疲れた
おうじょうこく 大変な目に遭う おみゃあ おまえ、君
かんかん いろいろな缶 うそこく (うそなどを)言う
こすい ずるい こそばいい くすぐったい
おおじょこく 弱る、困る ちょおらかす だます
どべ 最下位 ぬとい 暖かい
まっと もっと まんだ まだ
ようけ たくさん わや めちゃくちゃ

◆郷土 まめ知識
愛知県 人口=745万1千924人(平成27年5月1日推計)、県の木「ハナノキ」、県の花=カキツバタ、県の鳥=コノハズク。

名古屋市 人口=228万415人、105万4千717世帯、1世帯当たり平均=2.16人
平均年齢=男43.5歳 女46.2歳 内65歳以上高齢者比=男21.3% 女26.7%
(市HPより平成27年5月1日各推計値)、市の木=クスノキ、市の花=ユリ

名古屋市のホームページ 愛知県のホームページ

戻る

inserted by FC2 system